「2015年8月」の記事一覧

年に数回の急落に対応に一喜一憂せず、平時の時どうやって儲かるかが大切

年に数回の急落に対応に一喜一憂せず、平時の時どうやって儲かるかが大切

8月が終了。諸事情で今日はトレードは休み。成績は7月の最高益より少なかったが上々の結果となった。 前半、銘柄を絞って売買すると決めてから数日後に体調崩して売買出来なくて今月はちょっと駄目かなと思ったが大幅下落をプラスにす・・・

指数に比べて戻りが悪い、短期反発狙いの銘柄選択は投資主体を考慮する

指数に比べて戻りが悪い、短期反発狙いの銘柄選択は投資主体を考慮する

大暴落はチャンスになりやすいとされる。その大半がさらなる下落恐怖で売られすぎた状態だからだ。さらに恐怖の副作用で甘い位置で買い始めた投資家も巻き込み下落スパイラルに陥る。 自分も暴落時にはスクリーニングを掛けて反発しそう・・・

ボラティリティに合わせて金額を調整する、健全そうだがそれだと利益が伸びない

ボラティリティに合わせて金額を調整する、健全そうだがそれだと利益が伸びない

普段、ボラティリティに合わせて投資金額を調整している。今回の急落時と平時とでは明らかにボラティリティが違う事は体験した者ならわかると思う。 同じ取引金額では耐えられない値動きになる。だから、金額を抑える。そうする事で破産・・・

利益から損失になる恐怖から逃げて中途半端な利益を積み重ねていく

利益から損失になる恐怖から逃げて中途半端な利益を積み重ねていく

短期売買は勝つか負けるかのゼロサムゲーム。大口の動向を読み鞘をとる。 金額は少ないが何度も繰り返し売買をすることで利益を掴んでいく。 特に新興市場では個人投資家や証券ディーラーが参入。時価総額の関係かアルゴが参入していな・・・

目先のお金の損失を恐れ、「挑戦」大事な機会を失っている

目先のお金の損失を恐れ、「挑戦」大事な機会を失っている

同じ市場で戦っているのにこうも、利益の差がでるのはなぜだろう。 自己売買の前は投資信託から注文を受けて市場に流す仕事をやっていた。 最初は電話注文でかなりアナログな感じがして、なんとなく最先端をいっていると思っていた証券・・・

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ