過剰最適化から脱出すべく、荒削りなエクイティカーブで頂点を目指す

過剰最適化から脱出すべく、荒削りなエクイティカーブで頂点を目指す
昔は寄付きから大引けまで、全ての歪みを取ろうとモニタに噛付いていた。
一人で何千とある銘柄の動きを把握できる訳がない。結局、後追いとなり株価の動きに翻弄される日が続く。

その後、トレードツールが充実され自動発注や逆指値が使えるようになる。
スイング・寄り引けのトレードは日中の監視が不必要となり以前に比べ、ストラテジーの数を増やすことで日中の時間帯なら以前と比較して機会損失を減少することに成功。

これが見事にはまり、毎日ストレスなくトレードが出来るようになる。しかし、デメリットもあった。
銘柄を分散させることで過剰最適化されたエクイティカーブだが収益率が伸びない。
収益率を伸ばすには一銘柄のリスクを増やし全体での保有銘柄を減らす必要がある。最初は簡単に出来ると思った。
しかし、実際には自分の精神がついてこれない。全体の損失が以前より大きなったときの精神的ダメージが強く、決まったルールどおり手仕舞いできない。結果的に大きくロットは張るがどうしても以前のように長く保有できないのだ。

だから、いきなりロットを上げるのでなく1.1倍、1.2倍と細かく上げていき金額と損失になれる訓練をしてきた。

まだ慣れていない部分はあるが以前より保有銘柄を半分にすることができた。
少し、荒削りなエクイティカーブだが、上を目指すにはまだ滑らかにする必要はない。

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ