太陽光関連株が下方修正、関連銘柄を把握していれば獲れる事象

太陽光関連株が下方修正、関連銘柄を把握していれば獲れる事象
4月14日にウエストHD(1407)が下方修正を発表。
昨年、再生可能エネルギー発電設備の接続申し込みに対し、複数の電力会社で回答保留から、条件付にて接続回答が再開。

しかし、条件が厳しくなっており、発電事業者のマインドが落ち込みが生じることに。
その影響から見通しが不透明感となり業績を下方修正となった。(ウエストHDの決算短信)

前回も若干の業績修正をしており、その前には同業者のサニックス(4651)が大幅な下方修正している事から。おおよそは予想できた事案であったのは確か。
この業界自体は今後、参入が厳しくなるので生き残ればかなり優位に働くし、直近では株主還元もしている。株価も安値近辺で落ち着いていた。

そういった観点から翌日は寄付き買いで勝負しようと思っていたが、どうも寄付き直後から上値が重い。空売りと思われる売り板とは別に下に売ってくる玉もあった。

さらに買いに勢いもなく結局、大陰線となった。関連銘柄は素直に陰線。

田淵電機(6624)も太陽光関連。寄付きからスルスルと落ち、きれいな下げで終わった。

太陽光関連株が下方修正、関連銘柄を把握していれば獲れる事象
太陽光自体が既に物色のテーマから外れているだけに地味な動きだったが、こういった事象を丁寧に拾っていく方が高みに行く近道かもしれない。

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ