脊髄反射する前に買える機会をみすみす逃す

ポジティブニュースでもすぐに伝播しないケースがある。
普段なら、野球に例えると自身が打者で投手からの失投を選んで打たないといけない。
今回のケースはすでに絶好球が来るのがほぼわかっている状態なのだ。

さて今回の絶好球は第一三共(4568)だ、第一三共は昨日、IRでインド子会社サン・ファーマを全て売却すると報道。
全株を売却すると金額はおよそ4000億円。
(内訳は保有株数2億1500万株、株価1040ルピー(円換算1.925円)。)

問題は購入時の時価だ。過去IRを調べるのが面倒だなと思っていたら、3月25日にIRとさらに日経新聞に取り上げられている。

そのIRによるとその時点ですでに子会社合併差益で3400億円を計上している。
但し、全てがそのまま利益計上になるとは書いていない。

そして、日経新聞によるとサン・ファーマに購入時価総額はおよそ2000億円。
ということは2000億円の売却益を計上することになる。

今期純利益予想が680億円。これに比べてもかなり大きい。

でも寄り付きのマーケットはこのポジティブサプライズに反応しなかったが、寄った直後、火柱を立てた!

脊髄反射する前に買える機会をみすみす逃す
引け間際には全株売却のIRが正式発表された。さて、明日以降も続くのか?それとも?
あとは自身で財務を調べてみてくれ!

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ