金融緩和期待で金融関連株が上昇?過去の連動銘柄を追っても儲からない

金融緩和期待で金融関連株が上昇?過去の連動銘柄を追っても儲からない
4月30日に追加の金融緩和は行われるのか?
昨日、終値で大台を突破。世界全体が最高値をつける中、日本も追随する格好となった。
外部要因の影響もあるがやはり直近のイベント、金融緩和に向けて金融株を中心に買われていると思う。
正直、市場関係者は金融緩和に期待しているわけではない。
だが、昨年の事もあるので少しの可能性でもあれば乗らないとまずいのでしょうがなく買っているような気がする。

さらに追い討ちをかけたのが4月21日に日銀が物価上昇率を下方修正した事。
2016年度に2.2%目標は変わらない、2015年度後半には再び上昇に転じるとの予想だがかなり都合の良い感じしかない。
2年で2%の物価上昇率を掲げているのだ。

これをきっかけに寄付きから大型の金融関連株が爆騰。仮需に人気のアイフル・ケネディクスも少々上がったがやはり一番手の勢いが良かった。

ここで素直に一番手を買えるかが利益の差を生む。2013年度相場は期待が全てを包んでいた。
現在は違う。ピンポイントで銘柄選択しないと上昇しない。
日々、相場は変化する!常にその事を忘れずトレードに臨む!

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ