兜町で投資のプロ育成機関を誘致で証券会社の立ち位置を理解する

兜町で投資のプロ育成機関を誘致で証券会社の立ち位置を理解する
日本の証券街兜町で投資のプロを育成する教育機関を誘致するらしい。

まずプロの本来の意味を
”「職業上」で、その分野で生計を立てていること”

つまりは投資で生計を立てる教育機関ということになる。何ともすごい計画だと思ったのは自分だけか?

まずは投資で生計を立てていくのはとても難しい。この記事を読んで感じたのは投資と謳っているので短期トレードは無視したのものだと思っている。

正直、国内のヘッジファンドですら生存確率は低くそのほとんどが雇われファンドマネージャーで会社から給料頂いている人も多い。

実の自分も雇われて給料を頂いている。それを考えるとこの構想がとても難しく感じてしまう。
後は誰が教育するのだろうか?投資のプロだから講師にはやり手のファンドマネージャーだが、そんなにいるのか?と疑問に思ってしまった。

とかなりネガティブな事ばかり書いたが現在、兜町は金融街と言われているがどこが廃れた町並みなってしまっている。

投資のプロを育成は難しいが金融街復活の為にはこういった形で新しい分野を取組んでいくのは賛成である。ぜひ成功して欲しい。

この記事にお分かりの通り証券会社は投資のプロ場ではなく、仲介屋であることを理解して欲しい。

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ