決算数字だけ読んでも本当の実需を読み取ることはできない

決算数字だけ読んでも本当の実需を読み取ることはできない
「どうするアイフル~♪」と古いCMしか思い出すことができない!まさかのプラ転となった訳だがこの需給を掴みたい!

決算数字だけ見てその会社の良し悪しはわかるのだろうか?

大型株の業績が相次いで発表されてきた。今期の見通しが良いものから悪いものまで、それぞれだ。
この良いには二つ意味があると思っている。ひとつは決算数字そのものが前期に比べて良いもの。もう一つは市場参加者の平均に比べて良いものだ。

過去最高益の予想であっても発表後売られるケースもある。逆に前期より悪くても買われるケースもある。市場参加者の平均を調べるにはQuickコンセンサスが有名である。他にもIFIS株予想がある。これらを照らし合わせ平均以上なら買い、以下なら売りといった具合で株価は動く!
わけがない。

ほんの一瞬、短期筋が株価を動かすがトレンドを作るには実需の売買が欠かせない。
長い時間保有を考える投資家が市場平均だけをものさしにして売買するだろうか?
来期予想が短信・決算説明会資料そして業界の動向をみて整合性があるのか検証したうえで動くと考える。定量だけでは判断できない部分が決算発表にはある。

数字だけ見て、この会社は良いと判断しているようではイナゴタワーの一部になってしまうぞ!

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ