長期戦となった経営統合が破談、積みあがった実需の売りをもろに受け敗北

長期戦となった経営統合が破談、積みあがった実需の売りをもろに受け敗北
長期の実需を読み取れずあえなく撃沈。検証不足である。

東京エレクとアプライド マテリアルズの経営統合が破談となった。
アメリカ司法省の承認が出なかった事が破談の原因となった。

これまで何度も経営統合が延期となり、結局中止と残念な結果がである。
直近のチャートでは何度も窓を空けて下落していることから、実需の解消売りが起きている。さらに買い需要があると思っていた。それは破談によって日経225銘柄から削除されずにすんだのだ。

もし統合が実現していたならば、東京エレクは東証の外国株に市場変更され削除される筈であった。それを狙ったショートポジションも溜まっていたと考えていた。
以上の仮説をもって本日は買い目線で挑んだ!

が、寄付きから超絶なショートセルが上値を抑える。一度は寄付き値に戻りそうであったがそこで買いが終わりその後はL時型の日中足に。

経営統合というインパクトをしっかり押さえていなかった事が敗因。

およそ1年7ヶ月経営統合を期待した実需が1日で解消されるわけないか。

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

このページの先頭へ