年収だけの視点ではなく時給を意識してトレードをする!

年収だけの視点ではなく時給を意識してトレードをする!
時給を意識して仕事をするのはどうだろうか?

東京証券取引所の取引時間は9:00~11:30、12:30~15:00の計5時間。
ザラバ中ずっと取引をするなら最低5時間監視する必要がある。もし先物をトレードするなら6時間。刺激・楽しさを求めるならあっという間に時間が過ぎていくだろう!

これを仕事と考えてみるとどうなるのか?取引時間は5時間で会社勤めより楽かと思われる。「それなのに簡単な金儲けをして…」などの批判を浴びせられることもある。
本当の仕事は取引時間時間外だ。決算発表の繁忙期になると夜通し全ての決算短信に目を通す投資家さえもいる。ライバルである投資家のトレードスキルは日々レベルが上がり、わかりやすいエッジは瞬く間に消えていく。

どんな業界よりも最先端の流行が金融市場では飛び交っている。その流れについていけないものは退場させられる残酷な仕事だ。

その準備期間も考慮してザラバ中張付いてトレードしようものなら、時給で考えるともしかすると社長に仕える仕事の方が良いのかもしれない。

トレードは自分で時間を決める事ができる、これをコントロール出来るようになれば自給100倍も夢ではない。

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ