苦戦を強いられている決算プレイ、なんて事ない数字で何故実需が買ってくるのか?

苦戦を強いられている決算プレイ、なんて事ない数字で何故実需が買ってくるのか?
発表翌日、見事に担がれる。がその後嘲笑うかのような下落。

決算発表が最高潮に!今回から数字と中身を見る事でエッジにつながるか挑戦している。
そして、寄付きのギャップから仮需と実需を嗅ぎ分ける事に務めている。しかし、どうにも上手くいかない。
直近の寄付き勝負はどうも納得できる結果にはなっていない。
むしろ、成績の悪かったザラバ途中でのトレードが上手く行き始めている。

自分は決算発表のどこで需給の歪みを取ろうとしているのか?根本的に何か間違っている気がしてきた。

決算発表は株価に一番重みのあるファクタのひとつだ。そのファクタが発表されるのだから、本腰を入れた投資家が参入するはずだ。ということはトレンドが出来やすい。
すなわち短期でポジションを持つ投資家よりは長期でリターンを目指す投資家が多いのではないか?
だったらギャップアップ後も当日で反対決済する投資家が少ない事を意味する。
ここで簡単に売っているようでは簡単に負けてしまう。

かといって何故買われ続けるのか?を理解できていない。年に4回もチャンスがあるので次回までに何か切口を掴みたい!

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ