出来高で株価を証明できるのか

株価は出来高が増加すると上昇(下落)するのか?
チャート分析の書籍・株関連のブログでも出来高の増加をエッジとして説明するものが多い。
僕もその一人だ。しかし、それは本当か?
近年個人投資家向けの投資ツールがようやくプロに近づき気軽に株式投資が出来るようになった。
東証の売買注文のスピードも速くなり、昔以上に売買が増えた気がしてならない。
例を出して考えて見たい。大げさになるが過去最高の出来高だった場合値段も高値(安値)なるはずだ。toyota
トヨタのグラフを見てもらいたい。これは月足チャートを表示した。期間は1998年3月から2014年9月までだ。
ここでは値段が上下するので出来高でなく代金を表示することにした。代金の計算方法は4本値の平均に出来高が乗じたものだ。
2007年までは代金を伴って上昇した感じに見える。しかし、つい最近のグラフをみると2013年には過去最高の代金をつけたが2007年の高値を抜けていない。これはどう解釈すればいいのかわかる人ぜひアドバイスを!!

 

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

このページの先頭へ