コンセンサスを比較する丁半博打トレードから卒業する!

コンセンサスを比較する丁半博打トレードから卒業する!
迷わず購入した書籍!今、最も取り組み中の案件のヒントになればと思う。

本の中で「数字の先にあるストーリーを見る」という言葉がとても印象に残っている。

ディーラーが圧倒的なスピードで注文できた時代。
ザラバの決算発表。Quickコンセンスより良い数字の銘柄を真っ先に買えた!その後に個人投資家が買いにくるのでそれに売りをぶつけるだけで簡単に高勝率・高リターンを実現できた。

アローヘッドへ切り替わり、テキストマイニングからの自動発注でその優位性は見事に消え去った。そして、どんどん情報の伝達速度は速くなりよい意味で効率化。悪い意味では歪みが小さくなった。

数字の比較でのスピード勝負は必ず負ける。ではどうするのか?
それは先を時代を読み、時間軸を伸ばす。今後来るであろうテーマの銘柄にベットする事だ。
これはテクニカルを使ったシストレでも同じ事だ。過去の結果が良いから今後も良いと思ってベットする。それでもいつか負けるだろう。

そうではなく、その数字は何を意味しているのか?これを理解する事で転用可能と思っている。

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ