テクニカル指標以外でレジームスイッチする考え方

テクニカル指標以外でレジームスイッチする考え方
切り替え失敗でトレードも失敗。ではどうやってトレード手法を切り替えるか?

本日は決算発表ピークが過ぎ、張り詰めた緊張感が解けたのか?大型株が火柱!
保険・銀行を中心にTOPIXど真中銘柄が寄付き後から火を噴く。

言い訳にしかならないが、ギャップを取るトレードを意識しているためかどうも全体の動きを把握できていない。期待値の高いトレードに集中する為なら他のものは見ないようにしていたが、どうも期待値が低いトレードをしている。

いつも同じ手法が通じる事はない。エッジが完全になくなったのか?
シストレに良く見られるのはインデックスが移動平均より上か下で相場の状況を判断するものがある。上なら買い。下なら売りというものだ。

これでもちゃんと考えて使えば上手くいくと思っている。もうひとつは時期である。
相場を張るのは人である。365日トレードをするわけではない。相場を休みたい時だってある。特に短期トレードではボラと値動きが大事だ。大口の短期トレーダーが参加していない相場は、いくら画面をみたって儲からない。

この時期を考える事でトレード技術を高めると思う。

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ