投資先のシナリオが変わったとき後解釈で納得するのは合理的か?

投資先のシナリオが変わったとき後解釈で納得するのは合理的か?
高値で買ってしまった株をいつまでも損切りせず、「納得して買ったからいいんだ」と後付の言い訳をして持ちっぱにした経験はないどろうか?

子供のおもちゃがワゴンセールされていた。正規の値段は書かれておらず1000円ALLという怪しい情報だけ。以前から嫁が子供に買ってあげたいと連呼していたので脊髄反射的に購入。

自宅に帰り、市場の価格(流動性の多いネットショッピングサイト)を調べて驚愕の事実が。

なんとネットで買ったほうが安いのである。これには苦笑い。まあ、適正な価格を確認せず度外視して今欲しいと思ったので納得と自分に言い聞かせる。

人はいつだって合理的行動をとっていると思っているが、そんな事はない。非合理的行動も自分の解釈次第で合理的的行動にできるのだ。そこには客観性などない。

株を買った後に自分が思い描いた動き、シナリオじゃなかった場合、その場限りに感覚で判断して別の行動していれば要注意だ。まずは買う前にシナリオを立て、その通りじゃない時のシナリオを立てることで素直に現実を受け止める事ができる。

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ