稀にしか起きない値動きをバグと考えるかそれとも利用するか定性的な判断が必要

稀にしか起きない値動きをバグと考えるかそれとも利用するか定性的な判断が必要
普段起きない値動きこそチャンスが訪れる。これを日々積めるかが上達の一歩である。

14:28に埼玉県北部を震源地とした地震が発生。3.11以来、市場では地震が発生すると敏感に反応するようになった。
地震に俊敏な反応で仕掛け売りかヘッジ売りかは定かでないが先物中心にアルゴが発動する。

大規模な地震でない限り株価は元に戻る、もし仮需が便乗しているなら余計にオーバーシュートするときもある。今日は典型的な値動きだったと思う。
個別銘柄でも仮需が動かした形跡がある。地震関連で有名な1813不動建がそうだ。

直近、決算を失望して全く上昇相場に乗れていなかったこの銘柄がいきなり上げる。
しかし、仮需だとわかれば元に戻るのはわかっているので売りチャンスあった。もちろん、先に買っていれば鞘がとれた可能性も!

ザラバ中監視できた人はもしかするとチャンスだったかもしれない。
当の自分は急激な腹痛の為、トイレに篭り地震の揺れが収まるのを待つしか対応できなかった。

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

このページの先頭へ