日経平均株価が10連騰とギャンブラーの誤謬

日経平均株価が10連騰とギャンブラーの誤謬 指数が10連騰との事。何十年ぶりの出来事だそうだ。

昔、何連騰したら下がる傾向があると信じ込んでやっていた時期がある。
特に小型株は大陰線を3回続けたら翌日は全力買いなど、かなり怪しいトレードを続けてきた。
本当に良い相場だったんだと思う。それでも連勝を続けて生き残れた。しかし、根拠のないトレードはやはり弱い。リーマンで滅多滅多にされ丁半博打でトレードするもんじゃないと身をもって知った。

明日上昇すると、11連騰だ。上記のように根拠もなく10連騰だから明日は下がると思う人が多いほど株価は下がらないだろう。
そして、やっぱり連騰だと皆が思えば下がるであろう。
株価が連騰しようが続落しようが自分のトレードに徹する。これは定性・定量は関係ない。
コツコツと自分の強みを生かす。

相場は統計的確率で収まるものではない。
そして理論価格にきっちり収まるわけでもない。絶えず投資家が売買を重ね上下に変動する。

だからこそチャンスが生まれるのだ。

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ