テクニカル分析のエッジは消えていくのだろうか?

テクニカル分析を使って利益を積み上げるにはどうすればいいのか?

テクニカル分析のエッジは消えていくのだろうか?
「5日線が25日線を上抜けしてゴールデンクロスしたので買い目線」、「25日線をタッチすると反発する」など、株式関連のニュースを見ているとよく聞かれるキーワードである。

毎日、株価が動くわけで理由はなくとも毎日売買する人がいる。解説者も理由を探すのに大変だ。その中でテクニカル分析を解説すると、それなりに納得する人もいる。

果たしてそれだけで利益を捻出できるのか疑問だ。テクニカル指標は過去のデータを使用して、過去のパターンでいけば未来も同じ動きをする可能性がある前提でトレードしていく。

これがプログラムで作られたゲームなら儲かるような気がするが相場は全員が儲けようと参加してくるので、必ず優位性のあるパターンは探してくるのでそれを奪い合えばエッジがなくなってしまうだ。

そこで諦めて分析をやめるのかは人それぞれの問題ではあるが、自分はそれでもエッジは消えないと思っている。

テクニカル分析は人が作った情報である。そして、相場環境によって機能するケースは必ずあると思う。相場環境すなわち長期で見ればマクロ環境で短期で見れば心理面である。

この心理面をテクニカル指標で表せることができれば以外とエッジが残ると考えている。

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ