コーポレートガバナンス適用で株主総会は盛り上がる!

コーポレートガバナンス適用で株主総会は盛り上がる!
今年の株主総会はおもしろい事になるかもしれない。
今月からコーポレートガバナンス・コードの適用が開始された。
これにより企業側はステークホルダーに対して説明義務が強化された。
最近、適時開示情報で中期経営計画をリリースする企業が増えたのはこの為だ。

これは大型・小型問わず義務付けられている。具体的には経営の見通しを投資家にわかり易く説明・そして数字を掲げている。代表的なものはROEだろう。
3ヵ年計画でROEを10%を目指すといったところだ。
そして、強制力はないが機関投資家への日本版スチュワードシップコード策定だ。
機関投資家は企業と顧客(機関投資家に出資している投資家)の間にいる。機関投資家は顧客の為に機関投資家は企業に対話を通して企業価値を上げる義務があるのだ。

日本では企業に対して意見を言う株主は嫌われる傾向がある。(村上ファンドが印象強く残っている)しかし、人のお金で投資をしているわけだから企業努力をせず怠慢な会社に意見するのは大切なことである。

この2つが合わせって株主総会では企業側は今まで以上に明確な数字と説明を。機関投資家は不明な点に対してしっかり企業側に訴えないといけないのである。

目先はROEが低い会社は注目されるだろう。何かしらの対策を会社を立てることだろう。

いままで以上にIRを注目してみるとよい

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ