銘柄別に投資家の種類は違ってくる、業績だけが株価変動要因ではない

業績には関係ないのに株価は上昇する。

韓国でMERS感染が広がり、関連銘柄が物色されている。中心は昨年猛威を振るったエボラで物色されたアゼアス・日本エアーテックなのだ。

昔からインフルエンザ等感染症が報じられると物色されたのがダイワボウを中心としたマスク関連株である。(本当のインフル関連株は富山化学であるが富士フィルムの完全子会社かで上場廃止、まだ上場していたら物色銘柄は変わっていた可能性がある。)

ダイワボウ・シキボウは銘柄コードが近い(3107・3109)ので連動する事が多かった。今回の件で初動はよく上がった。

ダイワボウはインフル関連と認識してやることはとても良いことで今後も物色されるであろう。これだけ物色されるのだからマスクの売上は凄いと思っている人もいると思うが実はこの会社の売上のほとんどはITインフラなのだ。

銘柄別に投資家の種類は違ってくる、業績だけが株価変動要因ではない
だからいくらマスクが売れたとしても会社全体への寄与度は低い。それにも関わらず買われるのは何故か?それは一定の投資家にとってインフルエンザと言えばこの会社という認識が変わっていないからである。

だから関係ないからといって空売りするのは安易な考え方で、事業とは関係なくても握力が強い投資家が保有すれば株価は上がる。

銘柄によって投資家は変わる、業績だけが株価変動の理由ではない。

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

このページの先頭へ