上がると思った銘柄は寄付きから買え!シンプルだが難しい手法

上がると思った銘柄は寄付きから買え!シンプルだが難しい手法
上がると思った銘柄は寄付きから買え!シンプルだが難しい手法
寄付きから買うのは勇気がいる。買った瞬間に買い板があつくなりじりじり上げてくれれば儲けもん。

それがなかなか上手くいかないのが現実で寄付き後の株価変動は前日の引け値から朝までの材料を織り込ます為、上下にぶれやすく板もしっかり乗っていない事が多いからだ。

時価総額の大きさによって違いはあるので必ずとは言えないものの、陽線を立てる銘柄は寄付きから上がることが多い。

特に大型株は寄付き15分程度で上げたらそのまま横ばいとなる事がほとんどだと思う。だから寄り突きで入れるかどうかがその日の収益に影響を与える。

ではどうすればいいのか?それは上がると思えば寄付きから少し買ってみるのだ。そこから上がれば買い増しする。

寄付きを割れるまでは持ち続ければいいのだ。彼曰く順張りをするなら上にいったら買い増ししてホールドする。

途中で降りるとストップ高まで上がったときに後悔するので持ち続けるそうだ。
簡単そうにアドバイスを頂いたがなかなか凡人にはできない。

そこに優位性があるのかと思う。早速明日から試してみるとする。

————–過去一覧はこちら————–

>>>予想
>>>思考
>>>動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ