買収資金調達で陰線と思いきや見事に踏まれる、ひたすらアイデアを市場で試す

買収資金調達で陰線と思いきや見事に踏まれる、ひたすらアイデアを市場で試す
7915日本写真印刷が欧州メーカーを買収し、完全子会社した。
スマホやタブレットのタッチパネル製品を得意とする企業。5月12日に中期計画を発表した際には競争が激しく、事業の多角化を目指すと明記されていた。

中期計画通りM&Aに寄る事業の多角化を実行。これらを好感されてか本日は上昇となった。
自分はある疑問があって寄付後陰線になると予想して売りからトレード。
ある疑問とは買収資金である。写真印刷の手元資金は294億円。今回の買収で現金で払うとなるとおよそ半分。
現金は短期の負債に使われるし万が一の為に取っておくものだと思う。

これらは検証チームの会計のプロが述べていた。さらに3年間で350億円のM&Aを予定しているみたいなのでこれからの資金繰りを考えると短期的にデメリットと考えての売り。
結果は上記の通り担がれてお終い。後で調べると今日はアップルの決算発表があり日本写真印刷は四季報によると販売先がアップル。
何かを期待しての買いが入ったのかもしれない。

自分の考えが浅はかだったのかは今後の株価と検証メンバーに相談することにする。
今は風呂敷を広げアイデアを見つけ実践で試す事で肥やしすることを優先していく!

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ