業績と過去のパターンからシナリオを考えたトレード

業績と過去のパターンからシナリオを考えたトレード 空売りから入った銘柄が大陰線。納得のトレード。

8732マネパが前日ストップ高。直接の原因は第1四半期経常利益の速報値が前期比比率893%増となった為と思われる。
証券業は市場予測が困難な為、通期予測は出ていない。四季報予想の純利益は16億円。
進捗率は25%に到達されていないものの市場はこの数字を評価した。

前期比率893%がかなりのインパクトがあったのでこの数字をずっと続くと思った投資家が買ったのか。それとも昨年10月の金融緩和時に大相場を作ったので再燃の期待で買われたのかもしれない。

ビジネスモデルによっては四半期ごとに利益を積み重ねる会社・第3四半期以降に利益を稼ぐ会社と様々だ。証券業はどうしても相場の良し悪しで収益が振れるので四半期の業績を単独で考えないといけない。

これらを考えるとやはり期待で買われすぎだと思ったからだ。実は2013年7月にも同じ事象が起きている。もし同じ動きになるなら元の位置に戻るはず。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

--->

3 Responses to “業績と過去のパターンからシナリオを考えたトレード”

  1. たかとび より:

    お疲れ様です。TAさんの講義を受けていた、たかとびと申します。
    本日は貴重な特典ありがとうございました。
    今まで私は正直なところ需給が大事なのはわかるのですが、それをどう読むのかは
    難しすぎて無理なんじゃないの?と思っていました。
    でも今回の特典のようなケースだと読める時があるのですね。
    keishikiさんのコンテンツも受けていればもっといろんなパターンの需給が読める
    ようになっていたのかと後悔しております。
    本日はどうもありがとうございました。

    • keishiki より:

      たかとびさん、こんばんは!返事が遅くなりすみません。
      こちらこそご参考になり大変うれしいです。ありがとうございます。

      ニュース・IRで株価が動くとき誰が参加しているのか(短期・長期)?
      とにかく動くから参加、それとも今後も誰かが参加してくるので
      先回りで買ってみるといった観点で調べてみると良いと思います。

      • たかとび より:

        お疲れ様です。たかとびです。返信ありがとうございます。
        コンテンツ再販ないと思っていたのですがまたあるみたいなので
        なんとか頑張って手に入れてみます。

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ