公募発表の6289技研製作所!寄付きの異常な出来高は何を示唆するのか

公募発表の6289技研製作所!寄付きの異常な出来高は何を示唆するのか
6289技研製作所の出来高が異常にに膨らんでいる。7月17日に公募増資を発表、その後下落トレンドで週末まで下値を切り下げる展開。
技研製作所は東証2部銘柄であるが時価総額が400億円近い大きさでそれなりに流動性があるので監視銘柄に登録している銘柄。

明日が値決め日なのでそろそろ仕込み時期かと思ったが今日の寄付き気配の出来高があまりにも大きかったので見送る事にした。
さらに貸株注意喚起から申込停止になり、今日はかなりの空売りが発生したのではと推測。

まさかの公募中止がよぎり、株価水準を見直すことに。

新株発行による希薄化率は約12%。株価推移は7月17日終値から今日までの下落率は-10%。株価水準からみればこれで公募中止になる可能性は低いと思う。

IRを確認したが中止する旨は書かれていないので自分の勘違いかもしれない。

やばいと思ったらやらない。勿論、投資は自己責任で。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ