市場インパクトは語られない、スマートベータ指数JPX400の入れ替え発表

市場インパクトは語られない、スマートベータ指数JPX400の入れ替え発表 JPX400の入れ替えが発表。月曜日に向けて対策を練っている投資家も沢山いると思う。

まずJPX400に採用されるとパッシブファンドが組入れ日に向けて採用銘柄は買われ削除銘柄は売られる。厳密にいうとパッシブファンド自らが発注するわけでなく証券会社を通じ組入れ日の終値で引き渡す契約を結ぶ。

だからわざわざ組入れ日に買う必要はない。大げさに言えば現在安いと思えば今のうちに買って組入れ日にファンドに渡す。その鞘が証券会社の懐にはいるといった具合。

JPX400の入れ替えは毎年1回と言う事と最近、出来たばかりの指数ということで注目を浴びているが市場のインパクトからいって現段階では小さいものだ。

国内で一番影響のある指数はやはりTOPIX。そしてTOPIXを一番運用しているのは鯨と言われるGPIFだ。そのGPIFが国内で運用しているパッシブファンドはおよそ27兆円。そのうちTOPIXは23兆円でJPX400はというと1兆5千億円程度である(参照:GPIF平成26年度末時価総額)。

自分はこの規模の差を見て週明けの相場が楽しみでしょうがないと思っている。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ