他のファクタを洗いなおして本当にエッジがあるのか考える

他のファクタを洗いなおして本当にエッジがあるのか考える 他のファクタを洗いなおして本当にエッジがあるのか考える 昨日はJPX400入れ替え発表後で大きく動いた銘柄数多くあったようだ。
自分も前回の記事で入替え発表で認識の差異があればチャンスと書いたが、自分が思っていたより寄付きから大きく動いた形跡があったのは数銘柄。

JPX400入替のチャートを眺めていると出来高が以上に盛り上がっている銘柄も散見。

これは決算発表で動いているのだ。この時期に発表すれば自ずと決算と被ってしまう。
JPXはなぜこの時期にしたんだろうとふと考えてしまう。

3月期決算が多いのでJPX400の要因ではなく決算発表で大きく株価が動いた可能性がある。
除外された銘柄の中には市場に好感された銘柄も入っている。業種が異なる中で条件を同じにしてスクリーニングされていれば当然そうなる。

この辺の要因を相殺、市場に対してアルファがあるか確認しないと落とし穴が待っている。
そして自分が狙っていたのは組入予想とファンダメンタルズの差異。今回は参加できなかったので何ともいえないが来年こそはガッツリ獲りたい!

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ