リーマンショックの教訓を生かし7年越しのリベンジ、過去最高益を更新

リーマンショックの教訓を生かし7年越しのリベンジで過去最高益を更新 150825
運も味方し、日ベースでの過去最高を更新。
個別銘柄のイベントは全体の要因によって機能しないと判断。
ここは全体の流れの中で利益を取る事に専念。自分は先物は一切やらない。しかし、この状況下では指数監視は必須である。そして市場ごとに中心となる銘柄の動向を監視して全体の状況を把握。

指数に対して中心銘柄が強いのであれば反発する可能性があるので少しずつポジションを積みましていくのだ。
この事に気づいたのはリーマンショックからの反省だ。当時は移動平均乖離マイナスを正規化しスクリーニングを掛けて売買していた。
乖離が2標準偏差を超えるのはザラだ。しかも統計の意味もわかっていないのにそれを聖杯と拝んで売買を繰り返し、最後に相場に拝み苦しんだ。

その時に思ったのはあくまでも現状を表す指標であるだけ。そして、自分のスクリーニング結果は他人も見ている筈、同じ事をやっていてはいけないんだと。

そして7年越しの機会を物にする事ができた。退場さえしなければチャンスは降ってくると確信した日であった。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

本日の売買銘柄数33
目標15銘柄
先月の平均売買銘柄数26

150825g
一点集中はリスクが大きい事から細かくポジションを作る。
リスクを追うために課題を作ったのに、逆をやっている。

--->

4 Responses to “リーマンショックの教訓を生かし7年越しのリベンジ、過去最高益を更新”

  1. てつ より:

    先週末から売っていた先物、今日閉じました。
    形式さんはこの後の展開は如何お考えでしょうか。

    • keishiki より:

      すごい、先物売っていたのですね。
      今後の展開ですが正直方向はわかりません。
      心配なのはボラティリティ低下と参加者の減少です。
      願望ではありますがはやく以前の水準戻ってくれたら日々のトレードが楽になります。

      ボラ低下するなら実需関連のトレードにシフトするか考え中です。

      • てつ より:

        月島で講習会お疲れ様です。
        住まいが月島なので、気になりました。
        今度ぜひお仲間に加えて下さいませ。

        参加者減少は辛い現実です。
        大口売買銘柄より個人銘柄の方が読み易かったので。
        しばらく、ドル円と先物、原油で凌ぎます。

        • keishiki より:

          てつさん、こんばんは!
          月島にお住まいなんですね。ニアミスでしたね。

          どんな方法であれ上手く利益を残されているのはすごいですね。
          トレード主体も幅広いですね。なんとか生き残って次のチャンスにガッツリ利益あげましょう

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ