あなたが買った売板は実需か?仮儒か?

昨日の記事の続きだが先生のアドバイスにとても引っ掛かる言葉があった。
「keishikiさんが買った売板は現物ですか?それとも信用ですか?」
そこまで考えて取引をしていなかったので思わず唸ってしまった。さらに
「デイトレで儲かるなら現物を買っちゃ駄目ですよ。信用を買って反対売買を誘わないと上には行きませんよ。」
なんともわかりやすい説明だ。

先生は板の状況を見て無理やり下へ叩く輩がいれば全部買い、輩が反対売買するときに全て手仕舞いする。先生の得意とする手法のひとつだ。
現在の相場環境なら値動きさえあれば負けることはないと先生は自負する。板状況のデータはストックすることが出来ないので実践で学ぶしかない。

ザラ場以外の時間で学ぶ事ができるのは仮儒がたくさんいる銘柄。
仮儒が発生するタイミング。その銘柄のチャート・出来高・日柄パターンなど何らかの共通点を調べることだ。

仮にこれがわかれば複数の銘柄を同時に売買することで収益の拡大を狙える筈だ。

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ