誰が投売りをしたのか?時間軸の違う投資家によって反発力は変わる

誰が投売りをしたのか?時間軸の違う投資家によって反発力は変わる
誰が投売りをしたのか?時間軸の違う投資家によって反発力は変わる 自分が買った値段より上に買う投資家がいる事で儲かることができる。
上昇相場ではそんな事を考えなくても必然と株価は簡単に上昇していった。

現在の相場は自分が高値をつけた瞬間。イナゴが飛びつくことなく、売り板から買い板に変わることなく。一瞬静止する。これはまずいと思って売ってやられるといった事が多い。

急いで買う必要がないのだ。今は下値を抜けるとスルスルと下がる方が多いと思う。売られると簡単に下がるのは下値ブレイクの仕掛けもあるがどうしても売らざる得ない人がいるからだ。それが時間軸が短い投資家の売りであれば株価が戻る可能性がある。

たまに売られすぎと解説される状況がある。これは時間軸の短い投資家の建玉が大きかった影響と投げざる得ない状況が重なったと考えている。

では時間軸が長い投資家がどうなるか?というと市場に長期保有する投資家が少なくなるので戻りは鈍くなると思う。時間軸がながい投資家は市場のトレンドを作る役割があると思う。その彼らが投げたとなると時間軸が短い投資家で市場が動きボラが大きく方向感がない展開が続くと思う。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ