手が出ない!常にリスクオンの状態にもっていける準備が必要

手が出ない!常にリスクオンの状態にもっていける準備が必要
 

手が出ない!常にリスクオンの状態にもっていける準備が必要
FOMCを控えポジションを全て閉じて翌朝の結果を見てからの判断する事に。過去の利上げは数える程度なので調べれば大体の雰囲気はつかめるはず。過去あったことが次回も同じになる事は誰もわからないがデータが残っているなら、確認程度はした方がよい。

月間収益はいまだドローダウン中、しかし少しずつであるが光が見えてきた。自分のトレードは勝率5割でも期待値が高いやり方だと思っていた。しかし、損失を抱えて思った事は利益が出ているときだけ限定のようだ。利益が出ているときは心に余裕が出て利を引っ張る事もできるし、チャンスだと思った銘柄に迷わず攻める事ができる。

今は躊躇してしまう。発注寸前までは大きな金額を準備しているが損を出してはいけないと思い、ロットを落として発注することが多くなっている。悔しいがここで自棄になり自分のトレードを見失うとさらなら闇が待っている事は自分の過去がよく知っている。

ここは我慢だ。自分のペースまで待ち構えて爆益を目指す!

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ