FTSE組入れはALLWORLDを主に注視してトレードする

FTSE組入れはALLWORLDを主に注視してトレードする
9月18日はFTSEの定期入替の組入れ日であった。組入れ日はわかっていたので裁量でデイトレ・スイングをやっていたが、実際に期待値はあるのか?監視に値するのか改めて調べる事に。FTSEはMSCI同様、世界の投資家がベンチマークに採用している指数だ。各国の年金資金がこの指数に連動するファンドに投資しているので組入れ時のインパクトは高い。
自分もイベントトレードを調べだして初めて知った指数だ。MSCI同様説明は英語なので正直詳しい事は分かっていない。TOPIXのように浮動株を採用しているので細かい変更はあるがこれは会員じゃないと分からない部分。分かる部分はFTSEのホームページから公表される新規・削除だ。特にALLWORLDがインパクトがある。今回であればラオックス・MonotaROが新規に採用された。

採用から組入れまでのパフォーマンスは最初の折れ線の通り。さらに組入れ日当日は逆噴射が多数。過去の物はまだ数件なのでなんともいえない。ここから他のファクタを入れてパフォーマンスが上がるかわからない。大手の機関投資家は事前に候補はわかっているので数ヶ月前から仕込んでいてもおかしくない。

最終結果はどうであれ、値動きを確認はする。今後の発表で一喜一憂して無駄なトレードはしたくないので。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ