板の中に人がいた。

3692
怒涛の上昇を続けるFFRI(3692)。
後場からの値動きはおっさんの戦闘能力ではついていけない世界だった。

本日は寄付数分で大損失。負けられない戦いの中、朝一での損失は痛い。
気を取り直し一日中トレードしたが収益は横バイで終了。こんな日もあるだろう。

デイトレでは基本5分~10分足チャートを使っているが、少しでも有利なタイミングで入りたいので板読みを勉強中。
大型株は大きなボラティリティがない限り、適正価格に鞘よせするようアルゴがバシバシ入っている。
その中で歪みをとるのは難しい。新規上場のように上場してから間もない銘柄にはアルゴが入らない。
それは、十分な過去データがない為検証できないからだと思う。
さすがにFFRI(3692)にもアルゴが入ってきたが、どうも上下に怪しげな板が散見された。
明らかに有利な値段に誘導しているように感じた。駄目だった場合自分の玉にぶつけて逃げている。
さらに大きな売り板を買った後、下げさせないように買い板が厚くなる傾向も見れた。
この動きを逆手にとって儲かる方法はないのか?

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ