サプライズが起きてからの値動きを予測する方法②

サプライズが起きてからの値動きを予測する方法② 150925m
指数先物、為替は市場規模がとんでもなく大きい。その為、通常は流動性が担保されている。大きな金額を扱えるメリットはあるがデメリットは格上ばかりの投資家が多く、なかなか鞘が取れない。

さらに株式のような取引時間ではなく、ほぼ24時間動いているので海外ニュースに敏感に反応できて翌日の寄り前にはすでに織り込まれている状態となっている(日経・TOPIX先物は3時まで)。

昔であれば海外が急落⇒先物でヘッジするために翌日思った以上に下がったところで逆張りでとれた時代もあったが今はそれがない。24時間動くとなるとオーバナイトでギャンブルはできないのである。

それに比べて株の方は取引時間が短く、夜間海外が動いてる間はどうする事もできない。
オーバナイトしてしまったらどんな状況であろうと途中で売ることができない。
出来るとしたら先物でヘッジするくらい。そして、大暴落すれば翌朝から売りが殺到する可能性がある。このときに走っているイベントの時間軸を考えればチャンスが生まれる。

始まったばかりのイベントか?それとも終焉を迎えているのか?これが予測すれば逆張りをしても陽線が立つ可能性がある。
ぜひ、調べてみて欲しい。

上がった下がったで反射するのでなく少し吟味すればお宝銘柄が転がっている。

終わり
————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ