好スタートの10月、日増しに感じる収益機会の減少。立ち止まってはいられない

151001 151001m
10月相場入り、個人投資家は年のスタートが1月だ。機関投資家は4月スタートであるので今月から下期入りとなる。前日、どうしてもポジションを閉じなければならない状況もあってか、今日は大型株中心に大幅上昇。

その流れに乗ってプラス。幸先の良いスタートが切れた。
連日、金融緩和期待の発言がザラバ中にニュースとなり株価は大きく振れる。今の相場は海外相場と要人発言が支配して個別株ではなかなか動かない。

米国の利上げ・欧州金融緩和・日銀金融緩和と大きなイベント期待が待ち構えているので年末までこの調子で株価は右往左往すると思う。

相場環境が変わり利益が乗らなくなったら手法を変えようと思うものだ。自分もそうであった。シストレをすれば自分で考えられなかった事をシステムがやってくれると信じていた。

しかし、そんなものはない。結局自分で考えるしかないのだ。現実から目を背け隣の芝にいったものの結局変わりませんでした。では今後も上手くいかないだろう。

まずは今のシステムの何が悪いのか理解した上で新しい事に取り掛かる事をお勧めする。
何をやっても儲かる時期は過ぎた。

いつまでも現状維持で満足していたら足元をすくわれるぞ。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

このページの先頭へ