日経新聞観測記事を利用して優位性の高いトレードエッジを見つける

日経新聞観測記事を利用して優位性の高いトレードエッジを見つける
日経新聞の業績観測記事はかなりの精度である。

過去ブルームバーグ・ニュースが検証したデータによると日経平均採用の225社について日経新聞が営業利益を中心に業績観測記事を報じたのが45社。このうち、82%に当たる37社で示された数値・レンジが正しいか、あるいは会社側公表の実績値に対する乖離(かいり)が10%以内に収まっている。(出典:ブルームバーグ)

これは専門のアナリストが属さない新聞社ではとてもつない精度のようだ。海外ではメディア1社で頻繁に観測記事が出る事はないという。

投資家観点からすれば会社の情報は四半期決算、月次動向から数字を追っていく。日経新聞の観測記事は突然訪れるので仕掛けようと思った銘柄が買われたり逆に売られるといった事象が起きる。

逆に業績が読めると言うことは株価が一定期間予測できる。実際自分もこの観測記事のおかげで市場に生き残っているのでこれがなくなるのはちょっと困る。

スタートとゴールが明確なものはイベント投資そして、システム化が容易だ。パイは限られているので早めに行動するものだけがこの聖杯を手に入れられる。

記事を何か感じたものがあればすぐ行動だ!

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ