苦悩の銘柄選択② 

今日の日経平均は通天閣高校のエースで4番、坂田 三吉の通天閣打法が決まった相場だった。

こんな相場の時、どんな銘柄をすればいいのだろう?ちゃんと考えているだろうか?

銘柄の選び方は様々だ。具体的にはテクニカル、雰囲気、サプライズニュースなどがある。

じゃあ、なぜそれを選ぶのか、深く考えて見よう!

上昇(下落)するから、出来高が増加中、ボラが高いからなど、まとめると需給のバランスが崩れると感じるからだ。

価格は需給の均衡したところで決まる。そして、需給が崩れて新たな安定先が次の価格になる。

トレードは需給が崩れて新たにバランスが整った価格に行くまでの鞘をとる作業だ。

銘柄を選ぶ際は需給が崩れた事象を分けることが大切だ。

その際、需給を崩したプレイヤーは仮儒か実需かを考えることも重要だ。

プレイヤーによっては元の価格に戻る可能性があるからだ。

具体的に考えて、次に抽象度を上げていくと見えてくるものがある。

苦悩の銘柄選択①

過去一覧はこちら

>>>予想
>>>思考
>>>技術

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

このページの先頭へ