重い腰を上げてのトレード検証、行使価額修正条項付新株予約権付社債発行企業の値動きを調べてみた

上場企業が資金調達する方法のひとつに行使価額修正条項付新株予約権付社債がある。これは普通の転換社債と違って後に転換価額を修正できる事を約束されている転換社債だ。

通常では資金調達が困難な企業が行使価額修正条件付を発行する事が多い。株価の反応しては希薄化による既存株主にとっては不利になる。さらに銘柄によっては修正価額の下限が現在値に対してかなりの下方乖離するものまである。

難しい言葉が並び避けていた事象であるが株価の値動きだけ調べてみる事に。

下記のグラフが今年から10月までに行使価額修正条項付新株予約権付社債を発行した企業の発行後から10日後の値動きをグラフ化した。

重い腰を上げてのトレード検証、行使価額修正条項付新株予約権付社債を発行企業の値動きを調べてみた
10日後にしたのは増資と違って値決めは存在しないのでゴールを切りのよい区切りにした。
発表後翌日が最も角度の下げを見せている。

貸借で流動性がある銘柄で優位性があればいけそうな気はするが、あと数年チェックしてグラフが右肩下がりであろようならサプトレードして検討してみよう。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

--->

2 Responses to “重い腰を上げてのトレード検証、行使価額修正条項付新株予約権付社債発行企業の値動きを調べてみた”

  1. てつ より:

    いつも興味深い記事有難うございます。
    おいしかった先物相場が去って寂しいです。

    エッジを僕も何か見つけなければと思って
    先週から自動運転系短期売買です

    • keishiki より:

      てつさん、こんにちは。
      そうですか、先物相場も落ち着いてきましたね。

      行動できる人には必ず見つかると思います。
      頑張ってください

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ