業績観測記事を使ってのイベントトレード、検証するも考えていた値動きは見られず肩透かしを喰らう

業績観測記事を使ってのイベントトレード、検証するも考えていた値動きは見られず肩透かしを喰らう
業績観測記事を使ってのイベントトレード、検証するも考えていた値動きは見られず肩透かしを喰らう
日経新聞業績観測記事が出た銘柄にエッジがあるのか調べてみることに。
毎度、観測記事が出るたびにスケジュールやevernoteに書いているが正直しんどくなってきた。

現在は短期売買中心なので調べていると1日あっても足りない。
なんらかのエッジがあればシステム化してトレードに生かしたいところ。これが上手くいくと朝のトレード準備が捗ると考えている。

当初考えていた事は観測記事発表後上昇していればポジティブと考えて決算発表前日まで持てば、利益が残るかなと思っていた。しかし、データを集めながらチャートを見ていると増益観測であっても売られるケースが見られた。

次にコンセンサンスと比較して値動きを見ていったが自分には値動きの差異がわからなかった。
気付きとしては決算短信の説明と観測記事の解説が一緒のもの。観測記事の解説が独自なものと銘柄によって違いがあった。

観測記事でも業績数字を強調している。実績も大事であるが、それが将来も続くのかを考えなければならない。

なぜ好調な実績を残しているのに通期を上方修正しない企業が多い。その掘り下げていくと重要な事が隠れていると自分は思っている。


————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ