高みを目指すトレードとかけ離れた現状維持売買、機会損失より現実の利益を優先しろと本能が囁く

高みを目指すトレードとはかけ離れた現状維持売買、機会損失より現実の利益を守ろうとする本能がいる
高みを目指すトレードとはかけ離れた現状維持売買、機会損失より現実の利益を優先しろと本能が囁く
上昇しているにも関わらず日中値幅と売買代金が思ったより伸びないが、決算銘柄中心に個別株はよく動いている。

現在のトレード対象銘柄は決算銘柄を中心にデイトレとスイングでおこなっている。
全体が上昇している中、スイング・デイトレは売りが中心となっている。自分の分析力が足りないのか?今後も見通しが悪いと感じている銘柄が多い。

それでも利益はコツコツと上げられているのは幸運と呼ぶべきだ。
問題は大きな勝負と思っている銘柄に対して金額を大きく出来ていない事だ。

特にザラバ途中からの売買が思い切りいけていない。寄付きから積み上げた利益が消える事を考えるとチャンスと思っても勝負にいけていないのだ。

小利でも惜しくなってしまい、それ以上の利益の機会を自分から避けている。
自分は状況に応じて金額を変化するのが苦手なようだ。

だったらワントレードの金額を上げていくしかない。
セブンのホットコーヒーで満足している人間がいきなりスタバだと躊躇してしまう。

まずはベローチェから挑戦してみる事に。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

--->

2 Responses to “高みを目指すトレードとかけ離れた現状維持売買、機会損失より現実の利益を優先しろと本能が囁く”

  1. てつ より:

    前場JRやデータセクションそこそこでしたね
    明JFE売り玉なかなか集められなくて

    明日は先物勝負です
    順1逆2で

    • keishiki より:

      てつさん、おはようございます。

      JFEの利益おめでとうございます。収益を積み上げていらっしゃる事がなによりです。

      事前に銘柄選定と手法を決めて相場に臨んでいるからこそだと思います。

      データセクションは監視銘柄に入っていないので新しい気付きが得られました。

      ありがとうございます。

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ