予想通りの追加緩和見送り、下落後の大幅上昇を予想しているにも関わらず全く取れず

予想通りの追加緩和見送り、下落後の大幅上昇を予想しているにも関わらず全く取れず
イベントトレードはスタートとゴールを決めやすく、類似の事例がいくつもあるのでパターンを掴みやすいところにメリットがあると思う。
今回の日銀決定会合の結果もそうである。

前回は現状維持が発表されると一旦、株価は落ちるがその後盛り返す展開。
売ったのはサプライズを期待していた人達だ。これは比較的短いトレードであるので実需が握り締めていれば株価は戻る。決定会合決定日には株価は上昇していた。これは日銀の期待だけでは説明出来ない現象だ。

今回も同じ現象が起きれば落ち着いた所で買うと決めていた。

そして、意外と早く発表された決定会合の結果は「現状維持」、後場寄前に発表となった。
予想されていた結果であり、やはり先物は売られた。

後場の寄り前に発表されたので現物株は売り気配で始まる。ここで買うとボラが高くなっているので下に加速すると我慢するのがつらいので様子見。

監視していた追加緩和で買われるであろう消費者金融株の動きがおかしい。前場の終値まで戻っている。これはと思い試し買い。

全体も戻り始めたこれはチャンスだ!と思ったが買う銘柄を決めていなかった。
大幅に上昇するなか疑心暗鬼の売買を繰り返しこのイベントはマイナスで終えた。

全体が戻ると思えば真っ先に先物かETFを買えばと思うがどうしても株に意識が向いてしまう。先物が引っ張る事象か個別が引っ張るのかを分別して考えていなかった。

今回は残念であるがまたひとつ気付きを得られたので良しとする。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

--->

2 Responses to “予想通りの追加緩和見送り、下落後の大幅上昇を予想しているにも関わらず全く取れず”

  1. てつ より:

    久々先物で燃えました
    前回日銀、前々回のドラギと同じ
    逆反応からの放物線
    この動き流行なんでしょうか

    決算が煮詰まってきましたので、
    修正棒上げ→決算売りプレイでゆきます

    補正予算が気になります

    • keishiki より:

      てつさん、こんばんは。

      補正予算は今後のテーマになるかもしれませんね。
      内容は目新しいものはないですが、政策に売りなしといわれてますのでチャンスを探りたいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ