10月トレード一人猛省会:出尽くしでもなくサプライズでもない案件にフルベッドしていた事が判明

10月トレード一人猛省会:出尽くしでもなくサプライズでもない案件にフルベッドしていた事が判明
151031m
10月が終了、月間トータルはプラスで終えることができた。プラスならいいじゃないかと思うかもしれないが、毎年・毎月・あわよくば毎日プラスが当たり前だと思われている環境なので正直ふがいない成績である。

10月相場は月後半から強いリバーサルの動きであった。デイトレ・スイングであっても取れるチャンスはあった。どんな形であれ上昇すれば仮需は活発化するのでこの機会を逃したのは痛い。

自分のトレードを再度見直すと本当にチャンスであり、投資する値のある事案がいくつかあった。日経観測記事でおおよその業績がわかる。この時投資家は何を期待しているのか?そしてどういった条件であれば仮需が動くのかをきちんと分別できていない。

観測記事で中間の数字がわかる。それが事前の予想(四季報・会社予想など)と同じなのか?それとも修正する公算なのか?読者ならどちらに目がいくのか。たぶん後者の修正だと思う。

10月の逆張りでは観測記事にサプライズがない、そして企業発表もサプライズがない(数字の上で)状態でギャップアップもしくはダウンで始まったならそれは観測記事の影響ではなく。実際の数字を読んだ上で違うシナリオが走ったに違いない。

それを出尽くしと勘違いして逆張りして今月は何度も痛い目にあった。
どこで記事が発表イコール出尽くしと短絡的な思考でトレードしていた、それこそ市場のカモになってしまう。考える事をやめるとここでは生きていけない。

決算ピークはこれから、来月は必ずリベンジしてやる!

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

このページの先頭へ