竹馬の友と酒を交わした気付き、インフルエンザ関連の売上は日本が半分を占める

竹馬の友とお酌を交わした気付き、インフルエンザ関連の売上は日本が半分を占める
週末に高校時代の友人が出張で東京に来たので1杯交わす事に。
彼は製薬業界でずっと働いており年々キャリアを伸ばしてきた。ずっと外資系で働いていたが最近国内の大手製薬会社に移籍したようでここで身を固めるそうだ。

お互いの家族の様子を話しながら、仕事の話へ。製薬業界では接待費が使えなくなった。
昔は先生方(医者)と飲み食い・ゴルフなどは全て会社の経費として認められたが今では禁止だ。
実はこれは世界では当たり前の事で外資系は絶対禁止で先生とプライベートの食事はご法度のようなのだ。

先週、大幅上昇を演じた塩野義製薬について聞いてみるとインフルエンザ関連の薬は日本が世界の半分を占めているそうだ。だからパイは限られているのでどこの製薬会社も海外に目を向けて戦っている。しかし、日本の薬は海外で売り込みに掛かるのには相当時間とコストが必要になってくる。だから海外の製薬会社を買収・提携している。

友人からも質問があった。「製薬大手3社のひとつより時価総額が大きくなっている会社があるけど売りげ10分の1しかないけどどうなの?」と言われ調べてみると確かにあった。

答えに苦しんだが最近新薬が売れいる期待で年初高値を更新したと思うと答えた。
久しぶりにあって、友人もリスクをとって頑張っていることに刺激を受ける。

自分もやらねば!

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ