一直線に頂上へは昇れない:トレードスキルを高めるには資金のアップダウンを繰り返し慣れることで次の段階へ到達できる
一直線に頂上へは昇れない:トレードスキルを高めるには資金のアップダウンを繰り返し慣れることで次の段階へ到達できる
今月からは銃弾一発で獲物を仕留める、超A級スナイパーゴルゴ13のような命中率で連戦連勝を目指すのではなく、数銘柄に小ロットで入り感触を確かめながらトレードするスタイルに変更。

ゴルゴスタイルは金額と獲物となる銘柄の絞込みの失敗を犯すとその日は損失確定となる。
対象を絞り込み金額も大きくなることで検証回数が多くなり、大引け後から翌日まで頭の余裕がなかった。

余裕がないので成績もこの2ヶ月は利益ではあるが損失になってもおかしくないトレードであった。自信を取り戻すためにはまずは勝ち癖をつける必要がある。だから旧来のトレードスタイルに変更したわけだ。トレード準備も非常に簡単。適時開示から特定パターンのIRを絞り込みチェック。次に流動性と時価総額を使ってスクリーニングをかけてその中での騰落上位のニュースをチェックする。

トレードの時間軸はデイトレとオーバナイトに絞る。スイングになると損切りと利食いのポイントをチェックしないといけない事と銘柄が日々増えて監視が届かなくなる。
結果として日々のチェックするべきポイントに漏れが出てしまうので数日ホールドは中止している。

世界最高峰エベレスト、頂上に昇るまでには一ヶ月くらい昇り降りを繰り返し体を現在の環境に慣れる必要がある。
いきなりアタックを仕掛けても体がついてこない。自分も今頂上を目指す為の体慣らしの段階である。

果敢に挑戦して成功と失敗を繰り返して精神を慣らす、時には休息も必要かもしれない。

精神・資金・準備と余裕があってこそ、勝負ができる。今月はコツコツと利益を積み勝負できるタイミングを待つ。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説