許容範囲の損失を把握する:許容できる損失は人によって適正がある、耐えられない金額でのトレードは続かない
許容範囲の損失を把握する:許容できる損失は人によって適正がある、耐えられない金額でのトレードは続かない
トレード金額を設定するのはとても難しい。大きく儲けたいが退場はしたくない。
そうなると実際に市場に投資する金額は限られてくる。

自分は最初市場に投下する投資金額は全体ロスカット枠の10%を基準にしていた。

500万円のトレード資金があったならばドローダウン10%を許容範囲とする。
自分は10%を超えると1度売買を停止する。ポジションをゼロにすることで冷静さを取り戻す為と10%以上だと回復するのにかなりのパワーがいるからだ。

これは人それぞれなので一概には言えない、人によってはパーセントより金額で判断するのもいいかもしれない。大きく金額を張れるかどうかは適正があると自分は思っている。

10万円から1万円が減るのと1000万円から100万円が減るのではパーセントは同じであっても感覚として耐えられない人もいると思う。

そうであればそれ以上のリスクを張らないようにするしかない。慣れようと思ってもこれは難しいと思う。

トレードは損切りが出来ない人は生き残れない、そして自分の金銭感覚を離れた取引をすると冷静さを失い普段のトレードができなくなる。

冷静さを保てる損失額を自覚してトレードをしよう。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説