普通社債でなくCBを発行をするのか?

リキャップCBを知る上でCB(転換社債型新株予約権付社債)について調べた。
普通社債を発行して自社株買いをしてもいいはずと思ったからだ。

発行会社側は普通社債に比べCBは低金利がメリットだ。

CBは一定の価格を上回れば株式に転換できるので普通社債より金利を抑えることが出来る。
さらに普通社債は負債のままで償還まで金利を払い続けないといけない。

それに比べCBは株式に転換すると資本に入る。
発行会社側は資本が増加して金利を払わず、資金を調達できるのだ。

株式が希薄化することは投資家側にとって決して良いことではない。
しかし、株式に転換できるまで株価が上昇しているので転換前の社債に比べて回収利回りは良い。
お互いがウィンウィンの状態になるのだ。

発行側・投資家側の両方でメリットのあるCBをなぜ全企業がやらないのか疑問に感じる。
わたしの勉強不足でこの疑問は改めて調べてみる。

再度リキャップCBを考えてみる。自社株買いで資本減少。社債で負債を高めてROEを高める。
仮に上昇して株が転換されるとリキャップCBの効果が薄れるのではないか?

過去一覧はこちら

>>>予想
>>>思考
>>>技術

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

このページの先頭へ