金融庁から自己資本比率引上げ要請の大手金融機関、増資は不可避か?

金融庁から自己資本比率引上げ要請の大手金融機関、増資は不可避か?
新しい知識を得て実用化するにはインプットしてからアウトプットする事が大切だ。脳の中では体系化できないので紙やExcel等にグラフを書くことで理解することが出来る。

さらに他人に説明する事で本当の意味で理解したと言えると思う。

先日、金融庁が大手金融機関に年内中に自己資本比率を0.5%上乗せを求めると報道された。自己資本は総資産の内、負債を除いた金額だ。資本金や利益剰余金がそれにあたる。

自己資本比率を上げるには増資をするか利益を上げるか負債を減らすことが必要になる。
例えば要請のあった1つに8601大和証券がある。
四季報秋号の自己資本は1兆2722億円、総資産は23兆4510円で自己資本比率は5.4%。

自己資本比率0.5%上昇させるにはおよそ1170億円必要になる。大和証券の今期純利益予想は1400億円なので十分だと思うが総資産自体が増加しているのでやはり増資は必要かなと思う。

この件に関してお分かりの方はぜひご教授願いたい。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ