分足チャートはティックデータを集約した形である、理解して使うことで利益に繋がる

分足チャートはティックデータを集約した形である、理解して使うことで利益に繋がる 分足チャートはティックデータを集約した形である、理解して使うことで利益に繋がる
チャートは過去の結果を表したグラフだ。チャートを見ることで株価が現在どの位置にあるかわかる。

価格からみて過去より安い高いを判断できる。デイトレでも分足チャートを見ている投資家は多いと思う。

ではこれだけを見て儲かる事は可能なのか?は正直難しいと思っている。というのも分足チャートはデータを間引きしたものであってその期間にあった出来事を全て把握できていないからだ。

というのがチャートで現在位置を把握するのに使っているだけで実際に見ているのは板動向でほぼティックデータを見て判断する事が多いからだ。

売買板の入り方や売板を多く買っているのかそれとも買板が喰われているのかで今後の株価動向は変わってくる。時間軸が短い程ゼロサムゲームだからこそ需給の流れを掴もうと皆板状況を確認している。

例えば日中高値を抜いたときの状況だ。日中高値付近は売板が厚くなりやすい、これを全員で一気に買ったのか?それとも少しずつ買われたのかのでブレイクの勢いが変わってくるのだ。

だからチャートを眺めてブレイクだと思っても、銘柄によって伸びる銘柄と垂れる銘柄がわかれる。
チャートだけを妄信せず、他のデータも使う事でエッジが得られると思う。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ