トレーディング手法を変えてから勝率が減少中も確かな手応えを感じる日々

トレーディング手法を変えてから勝率が減少中も確かな手応えを感じる日々
トレーディング手法を変えてから勝率が減少中も確かな手応えを感じる日々
ECBが量的緩和を延長。預金金利も引き上げた。しかし、市場はそれをポジティブには捉えなかった。追加で国債も買うと見込んでいたので物足りなさから売られたらしい。

そんな中、今日は寄付きからロングで利益を積み上げた。寄付きから実需がいるであろう銘柄を複数買う。値動きの幅や日足の抵抗ラインを確認して損切りラインを設定。

損切りラインに届くまでは持ち続け、切り上がれば買い増していく。
当然、利益になる前に損切りラインに到達したり、大引けで損失を確定される。
その中で2割の銘柄が陽線をたて引けた。結局その2割が今日の利益に貢献した。

含み益状態からトレーディングストップを切り上げ同値ラインまで到達するまでは本当に利益が残るか不安だったが、段々それにも慣れてきた。

個別銘柄の勝率は以前まで5割以上であったが今は4割台。利益と損失の差も広がってきた。自分が目指そうとしているトレードに近づいてきた。

ここから、投資金額を広げて目標の大台突破を目指す。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ