スキャルピングができる銘柄とそうでない銘柄を実践の中で嗅ぎ分けていく

スキャルピングができる銘柄とそうでない銘柄を実践の中で嗅ぎ分けていく
スキャルピングができる銘柄とそうでない銘柄を実践の中で嗅ぎ分けていく
デイトレは値動きが大きい程、チャンスがある。その銘柄によって手法が変わってくると思っている。
大型株は節目に大きな板、そして流動性があるので急落急騰はないので落ち着いてポジションが取れる。しかし、時間軸を伸ばさないと利益は出ない。
こういった銘柄をするには大きな金額が必要になってくる。

新興市場のような銘柄はノイズが大きい分、数分で大変動が起こりやすい。
時間軸を長くしてポジションを持たなくても利益を得られやすい。

欲をかくと利益は愚か、損失に転じてしまう事もありえる。
新興市場銘柄が全て数分で利益を取れるかと言えば実はそうではない。

テクニカル・チャート眺めていると数分で利益を得られると思えても銘柄に参加しているプレイヤーが変われば値動きが変わってくる。新興なのにポジションを長く持たないと利益が出ない銘柄もある。

実際にその銘柄を仕掛けてみてトレードの時間軸を考えた方がよい。
素材によって手法を変える。手法ありきだと市場では生き残れない。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ