債券よりもトータルリターンがよい株式投資だが30年間投資を続けれらるのか不安になる

債券よりもトータルリターンがよい株式投資だが30年間投資を続けれらるのか不安になる
債券よりもトータルリターンがよい株式投資だが30年間投資を続けれらるのか不安になる
ジェレミー・シーゲルの「株式投資:長期投資で成功するための完全ガイド」を熟読中。株式を含む金融資産の中で株式が長期投資において一番リターンが高い事を過去のデータをかき集め論理的に説明されている。(想像以上に難しい言葉が並べられ、時々意識が飛んでしまう。自分のレベルでは読むのが早かったか?)

主に米国株を中心としたデータおよそ300年を使って説明されている。そのデータの検証によると長期的に見ると債券よりも株式のほうがトータルリターンが大きいとの事。
ここでの長期とは10年以上を差している。

トータルリターンとは物価の上昇によって目減りした分を差し引いたあとの金融資産の価値をいう。(本文から抜粋)

インフレ率の事を差しているのだと思うが、自分で読んでいてまだ理解出来ていない。
最低10年はハードルが高いので1年持てる株式に投資することから始めよう。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ