アメリカ公定歩合引き上げをどう考えるか?まずは過去の動向を調べる事をお勧めする

アメリカ公定歩合引き上げをどう考えるか?まずは過去の動向を調べる事をお勧めする
FRBが市場の予想通り利上げをした。インフレ対策というより、これまで続いた量的緩和の縮小へのスタートだと思っている。日本同様、アメリカも量的緩和が株価を支えてきた。ECBも最近では量的緩和を延長している。

金融政策といえば昔は金利を下げる事が代表的なものだった。金利を下げる事でお金が借り易く貸し易くする事で市中にお金を回すのだ。

しかし、金利は0%までしか下げる事ができない。その代わりとして日本が初めて量的緩和を実行した。これは市場での実験である。結果がどうなるかは正直わからない。がそれでもITバブルから見事株価は回復した。

今回のアメリカの場合はFFレートを上げるが量的緩和は続けるらしい。過去量的緩和を終了したら相場は崩れている。NYが下がれば日本も同様だ。

優秀な読者は過去量的緩和終了時の値動きをチェックしているのでわかっていると思う。
そして、アメリカが前回利上げをした時の値動きもチェックしているだろう。

過去起きたことが未来を予測するものではない。しかし、歴史があるのなら見ることは必要である。

前回と今回の値動きが似ているようであればチャンスがあると思う。利上げは始まったばかり、興味があれば過去の値動きを調べると良いだろう。

————–過去一覧はこちら————–

>>>実例トレード解説
>>>検討トレードエッジ
>>>深遠動画解説

--->

コメントを残す

サブコンテンツ

名前:形式(keishiki)
年齢:30代
職業:株式トレーダー
トレード暦:10年
 
短期売買を中心とした定性トレーダー。
 
「短期売買は需給で決まる!」
適時開示・新聞等のニュースから人々の行動を分析。
ニュースによって異常な値をつけた株価の逆張りを得意としている。
 
投資家は孤独であるが故に近くに理解者がいない。自身も一人で出来る事に限界を感じている。
高度な技術を持つ同士が合わされば想像不可能なエッジを手に入れられる。
 
このサイトは自身の経験を伝える事で需給の歪みを感じてもらいたい。
そして、互いに高みを目指す仲間を探す事を目的としている。
 
訪問された方には微力ではあるがトレーダーとして成功する発端となればと考えている。
共に高みをを目指そう!

現役トレーダーが実践しているトレード術はこちら

このページの先頭へ